施術後のまつげエクステケア:まつげの生え変わり

ここ数年で、美容市場でも注目度が高まっているまつげエクステ、長さや太さ、ボリュームなど、自まつげに対する様々な悩みがすべて解決できるといわれており、年齢問わず女性たちの関心を集めているようです。まつげ一つで、女性の顔は大きく変わるもので、長く、濃く、カールされたまつげは、それだけでもまるでメイクをしたかのように華やかなイメージを演出してくれます。

このまつげエクステは、専用のアイラッシュサロンで、アイリストと呼ばれる資格を持つ施術者によって行ってもらう美容法ですが、施術後のアフターケアが非常に大切で、このポイントを守らないと、持続性に影響するだけではなく、大切な自まつげを傷めてしまうことにもなりかねません。

まつげエクステが取れてしまう要因としては、サロンや施術者側に起因する場合と、顧客側に起因する場合とがあり、また生理現象ともいえる生え変わりによる脱落があります。頭髪の場合、毛周期は約三年から六年のサイクルですが、まつげの場合は、三週間から四か月のサイクルと非常に短いので、施術後すぐに抜け落ちてしまうことも珍しくはなく、毎日五本程度は自然に抜け落ちるものなのです。

また長さも、髪の毛のようにどこまでも伸びるわけではありませんが、一定の長さまでは伸びてくるので、施術後しばらく経つと根元から人工毛が離れていきます。こうなると見た目にも気になるようになり、はずしてしまいたくなりますが、専用のリムーバーを使わないと取れないので、自分でひっぱたりすることは止めて、サロンでリペアを行ってもらいましょう。

そのままずっと放置してしまうと、人工毛が垂れ下がってきてしまい、何かの拍子に目の中に入ってしまうと、眼球を傷つけてしまうこともあり大変危険です。こういったアフターケアを守ることは、眼病予防にもなり、最新美容法であるまつげエクステを楽しむうえでは必要不可欠なことです。

街中には、あらゆるところにアイラッシュサロンが見られるようになっており、女性たちの要望に応じてくれるようにはなっていますが、サロンによって施術者のスキル、接着剤や人工毛の種類が違うので、どこでも同じサービスが受けられるとは限りません。

だからこそ、まつげエクステというものにチャレンジしようとするのならば、正しい知識を知り、カウンセリングに時間をかけ、施術後のトラブルも含め丁寧にアフターケアのことも説明をしてくれるサロンを選びましょう。

Read More

施術後のまつげエクステケア:メンテナンスについて

ぱっちりとした大きな目に憧れを抱く女性は、少なくありません。というのもぱっちり目の方が、細い目よりも、可愛く見えるケースが多いからです。ですが目の大きさというのは、残念ながら、生まれつきで左右されてしまいます。そのためぱっちり目の女性もいれば、細目の女性もいる訳です。

そのため、細目の人の中には、整形手術を受けてまで、ぱっちり目を実現する女性もいたりします。ですがそういった女性は少数派であり、ぱっちり目じゃない女性の多くは、出来るだけ自分を可愛く見せるために、ぱっちり目に見える努力をします。そしてぱっちり目に見せる努力の一つが、目の周囲を強調する事で、目を大きく見せるという方法です。

目の周囲にはまつげが生えており、そのまつげを強調する事により、目をより大きく見せる事が出来るというテクニックです。ですがこの方法を行うには、まつげがある程度、びっしりと生えている必要があります。ですが残念ながら、目の大きさと同様にまつげにも、個人差が大きく存在しているのです。なのでびっしり生えている人もいれば、まばらにしか生えていない人もいます。

ですがそんな風に、自まつげがまばらな人でも対処する方法があります。それはまつげエクステと呼ばれる、本物そっくりに作られた人工のまつげを装着するという方法です。まつげエクステを装着する事で、まばらにしか生えていないまつげを、びっしりまつげにして、目の周囲を強調する事が出来ます。その結果、目をより大きく見せるテクニックも、活用可能になるのです。

そんなまばらまつげの人には心強いまつげエクステですが、装着時や取り外す際には、自まつげに大きな負担を掛ける危険性があります。なので自まつげに負担を掛けないためにも、専門のサロンに行き、装着時も取り外す際も、施術を受ける事をおすすめします。専門のサロンなら、免許のあるプロが行ってくれるので、自まつげに負担を掛けて、まつげを減らす危険を避ける事が可能です。

しかも専門のサロンで施術を受ければ、凡そ3週間前後も効果を維持する事が出来ます。もっともきちんと効果を持続するには、施術後のメンテナンスが重要です。まず最初に施術後に注意すべきなのが、装着後、6時間程は、まつげを濡らしてしまわない様に注意する事です。そのため、洗顔や入浴を行わない様にします。更に施術後のメンテナンスとして、洗顔時はオイルフリーの物使用したり、マスカラはきちんとまつげエクステ用の物を使用する等、気遣う事が大事です。

Read More

フレアタイプのまつげエクステとは

メイクの手間が省ける、すっぴんに自信が持てるなど、美容雑誌などでも取り上げられることが多いまつげエクステ、テレビに出てくるタレントやモデル、女優などの中にもファンは多く、定期的にアイラッシュサロンへ行き、美しいまつげを維持している方も増えてきました。このブームとともに、まつげエクステを取り扱うサロンも増加し、最近ではエステサロンやヘアサロンでも施術が受けられるようになっています。

このまつげエクステは、自まつげに人工毛を専用のグルーを使って装着していくのですが、この人工毛には様々な種類があり、つける毛の種類によってどんなデザインにでも仕上げられるので、満足のいく仕上がりにするには、自分が理想とするイメージをアイリストにしっかりと伝え、カウンセリングで人工毛の種類や本数を決めていくことが大切です。

中でもフレアタイプは、ボリュームを必要とする女性には最適で、施術時間がそれほどかからずに、ふさふさまつげに仕上げられます。フレアタイプとは数本の人工毛が根元で一つの束になり、四方八方広い角度で毛が広がっているので、隙間のないまつげにしたいという方にはおすすめです。一本一本装着している施術は、自然ではありますが、ボリュームを出すにはある程度の本数が必要となるので、施術時間も長時間拘束され、施術料金もやはり高くなってしまいがちです。

また、まつげがゆがんで生えている部分があったり、抜けてしまったり切れてしまったりしている部分があると、そこにはつけられないので、隙間ができてしまいます。そういった場合にも、このフレアタイプなら一か所つけられれば良いので、自まつげの状態に関係なく隙間を埋めることが可能です。

しかしながら、このタイプのまつげエクステは、やはり取れてしまった時にその部分だけ目立つという難点もあり、定期的なメンテナンスは必要とされています。また、フレアタイプも何本の人工毛を束にしているかによって、その密度や広がりには違いがあるので、部分的に使用する方もいるようです。

フレアタイプでも、長さや質感にはいろいろな種類があるので、目尻に行くごとにだんだん長く、あるいは濃く、といった希望通りに仕上げることも可能なので、アイリストに相談して見ましょう。つけまつげをつけたようなゴージャスなまつげにしたい、料金を安く抑えたい、時間をかけたくないという方には、このタイプのエクステが好まれており、取り扱いサロンも多いようです。

Read More

まつげエクステの種類:セルフエクステ

まつげエクステは「まつエク」などとも呼ばれ、女性に人気となっています。この美容法はつけまつげのように、もともとのまつげに人工のまつげを足してボリュームアップし目元を華やかに出来ることが特長ですが、つけまつげとの違いは、人工のまつげを装着するために使う接着剤(グルー)をまぶたではなく、自分のまつげに塗ることです。

まつげエクステをしたい場合は、この施術を扱っているサロンに行くのが一般的です。まつげエクステの施術は目の周囲であることから、ある程度の技術力が無いと接着剤が皮膚についたりして肌のトラブルを招く危険性もあり、美容師資格を持ったプロにやってもらうのは安心と言えます。

しかし、サロンの利用料金は安くはないため、マツエク愛好者の中では節約のためにセルフエクステに挑戦する人が徐々に増えてきています。セルフエクステは自分で自分にまつげエクステを施すことで、道具もネット通販などで購入出来るので、気軽に始めることが出来ます。

セルフエクステの利点は、かかるコストは道具と材料費だけで施術料金がかからないことや、技術を身に付ければエクステが取れてきた時にもすぐ新しいものを貼って直せるなど都合に合わせてケアが出来ることなど多くあります。セルフエクステを行うデメリットには作業に馴れるまでが難しく根気が要ること、目を開けて行わなければならないため、施術時に接着剤が目にしみること、失敗すると肌にトラブルが起こる可能性があることなどが挙げられます。

デメリットもありますが、自分で出来るようになれば、自分に似合うかどうかわからないけれどちょっと試してみたい種類のエクステを試しにつけてみるといった実験が気軽に低コストに出来ることも楽しみとなります。まつげエクステには何種類かがあり、毛質の違いというものがあります。エクステは人工の素材で出来ており、お店によって多少の呼び方の違いはありますが、大体「シルク」「ミンク」「セーブル」の3種類の毛質に分けられます。

「シルク」の良い所は一番安く、しっかりとした質感でカールがよく保つことで、ボリュームを出したい時に使うのに向いています。「ミンク」は落ち着いた印象になるため、派手なのは避けたい人におすすめで、グルーとの密着性が良いので長持ちすることも利点です。「セーブル」は最高級のエクステとされ、値段も一番高いですが、軽くやわらかなつけ心地でカールがよく保ち、抜けにくいのも良い所です。

そして、エクステの種類では毛質の他にカールの角度も重要な要素となります。カールの種類には伏目がちな目元に良く似合う、ナチュラルな「Jカール」、パッチリとしたお人形のような目になる1番人気の「Cカール」、ゴージャスに根元が立ち上がりインパクトの強い印象になる「Dカール」などがあります。

また、エクステには太さという要素もあり、マスカラを塗った時のまつげに近い太さの0.15mmが基本となり、豪華にしたい人はそれ以上の太さを選ぶというように、様々な要素の組み合わせによって、色々な目元を作ることが出来るのが、まつげにエクステを付けることの醍醐味です。

セルフエクステは習得するまでは大変ですが、コツをつかんで上手く出来るようになると、メイクに合わせたまつげを色々と試せるようになり、おしゃれの幅も広がります。まずは、サロンで付けてもらったエクステを、自分でリムーバーで綺麗に外す練習から始めるのがおすすめです。

Read More